アイキャッチ

仕事もプライベートも1台で!
2枚のSIMで通信料を安く使える?!
人気のDSDSの魅力を解説!

DSDSとは

2枚のSIMが入る=デュアルSIM

デュアルSIMイメージ

DSDS

DSDSは「デュアルSIM・デュアルスタンバイ」の略で、その名の通り、2枚のSIMで2回線の着信を同時に待ち受けできる機能のことです。

DSDS=デュアルSIM・デュアルスタンバイ

DSDSイメージ

DSDSは切り替えなくても着信できる!

2枚のSIMが入る≠DSDS

DSSS

同じデュアルSIMでもDSSSの場合は「デュアルSIM・シングルスタンバイ」という意味で、一方ずつしか待受ができず切り替えが必要になる機能なので注意が必要です。

DSSSイメージ

DSSSは同時待受できない!

DSDSの利用方法

DSDSの便利な使い方の一例をご紹介します。

仕事もプライベートも1台で

DSDS使い方イメージ1
1.仕事用2.プライベート用

仕事用、プライベート用にSIM(電話番号)を分けられるので2台持ちしなくていいんです。

通信料金を安くできる!

DSDS使い方イメージ2
1.通話用2.ネット用

1枚目は大手キャリアの通話定額SIMで電話、2枚目は格安SIMでデータ通信にしたり、組み合わせ次第で料金を安く使えます。

海外用と使い分けることも!

DSDS使い方イメージ3
1.国内用2.海外用

国内用SIMと海外用SIMで使い分けると、海外に行くのも端末1台だけでOK!

DSDSの注意点

DSDS購入前や、使用前の注意点はこちら。

同時待受は可能ですが同時使用はできません。使用時は片方ずつを切り替える必要があります。

電波が4G+4Gの組み合わせでは使用できません。

DSDS注意点イメージ1

SIMの一方が2Gしか対応していない機種だと、2Gの電波がない国内では実質1枚しか使えないので対応機種に注意が必要です。

DSDS注意点イメージ2

使用前に注意すべきポイントもご確認ください。

  • 対応バンドを確認
  • SIMカードのサイズを確認
  • 通信会社に合わせてAPN設定

DSDSよりすごい!?

DSDS発売以降、さらに高機能なデュアルSIM機能が登場しています。

DSDV

DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)は両方が4G電波のSIMに対応しています。

DSDVイメージ

DSDA

DSDA(デュアルSIMデュアルアクティブ)は両方同時待ち受け、同時通信ができるので通話をしながらネットが使えたりします。

DSDAイメージ

DSDAは同時待受・同時通信ができる!!

※現在は技適マークがないもののみ販売されています。

DSDS対応スマホ紹介

特集一覧

ロムとは?白ロム?
SIMフリー基礎知識
どこがちがうの?格安SIM
ニンテンドーではありません
中古iPhoneで迷ったら…
ネットワーク利用制限とは?
au系SIMカード×iPhone
ベゼルレススマホって何?
Xperiaを徹底比較!
iPad使いこなす
中古美品の代名詞?!
ザ・ランキング
スマホ買取ならこちら
パソコン売ってます