アイキャッチ

5Gスマホの「今」がわかる!

5Gスマホ

5G(ファイブジー)って何?

5G(ファイブジー)

1G、2G、3G、4Gに続く第5世代移動通信システムのこと。
「高速大容量」「高信頼・低遅延通信」「多数同時接続」の特長を持ち、医療・産業・交通・エンタメetc…全ての分野に影響を及ぼし、世界が変わるとさえ言われています。

5Gが繋がるエリアはまだ狭いんでしょ?

5Gエリア

正直現状ではまだ都市部の、しかも一部エリアしかカバーされていません。
ですが、5Gの人口カバー率に関してドコモは2023年3月末までに70%に、KDDIとSoftBankは2022年3月に90%以上に拡大する見込みと発表しているので、エリアは日々拡大して行っております。

5G対応エリアマップ

5G対応マップ

どの5Gのエリアがあるのか気になる方は下記ページから確認できます。

貴方のお住いの地域の近くにも5Gエリアがあるかも?

5Gの電波は2種類+α

5Gの電波

3Gと4Gには800MHz前後の低周波数帯を利用した“繋がりやすさ”が売りの『プラチナバンド』という電波帯があります。皆様も1度は耳にしたことがあるかもしれません。
5Gにもそんな感じで電波帯が2種類ございます。これから耳にすることが増えてくると思いますので、この機会に軽~くでも覚えておきましょう。

SuB6(サブロク)

Frequenccy Rage1(FR1)の呼称で6GHz未満の周波数帯を利用して通信を行う。
低周波数帯なので障害物に強くカバーエリアも広い。
5G通信のメイン周波数帯ですが、速度に関して後述するミリ波に劣る。

  • 3.7GHz帯 (n77) : KDDI/SoftBank/Rakuten
  • 3.7GHz帯 (n78) : ドコモ
  • 4.0GHz帯 (n78) : KDDI
  • 4.5GHz帯 (n79) : ドコモ

ミリ波(mmWave)

Frequenccy Rage2(FR2)の呼称で30~300GHzの5G周波数帯。
高周波数帯なので障害物に弱く広範囲をカバー出来ない為、人が多く集まるような場所を、スポット的にカバーしていく形で整備されていきます。

  • 28GHz帯 (n257) :
    ドコモ/KDDI/SoftBank/Rakuten

転用5G

5Gのエリア拡大を目的に総務省が省令改正、4G周波数の一部が5Gに転用できるようになりました。
5Gエリアも以前と比べかなり拡大しましたが、その反面端末は電波が微弱であっても5G優先で通信しようとするので、4Gから5Gへの切り替わり等でパケつまりが起こってしまいます。
そこで転用5Gです。周波数的に5Gの定義から外れていますので『なんちゃって5G』なんて呼ばれることもありますが、カバーエリアを簡単に広げる事ができるので繋がりの悪さの改善が図れます。
SoftBankとauは既に運用が開始されており、ドコモも近く運用開始となる見込みです。

  • 700MHz帯(n28) : KDDI/SoftBank
  • 1.7GHz帯(n3) : SoftBank
  • 3.4GHz帯(n77) : SoftBank
  • ドコモは700Mhz/3.4GHz/3.5GHzで運用予定

5Gはコストがかかる...?

5Gスマホ料金

確かにサービス開始当初は端末もプランも高額でしたので、いまだに「5G=コストがかかる」というイメージがあるみたいですね...
しかし、今ではスマホもプランも安いものがちゃんとございます!!

5Gスマホの価格

ハイエンドモデル
10万円〜
ミドルハイクラス
5万円〜
ミドルクラス
3万円〜
エントリークラス
〜3万円

現在におけるハイエンドモデルの立ち位置は「数を売る」ものから「好きな人向け」にシフト。価格的にも完全に趣味のモノの領域に。

その代わりコスパの良いエントリークラス・ミドルクラスが多く発売されるようになり、上述したように今では全て5Gに対応しています。

ちなみに上の価格帯目安はキャリア販売価格の相場で、白ロム市場ではもっと安く流通していますよ!

5Gの料金プラン

5G料金プラン

総務省の値下げ要請で生まれたシンプル且つ低価格が売りの“オンライン専用プラン”をご存知ですか? 契約~サポートまで全てをオンラインのみで行い、店頭での対応を一切行わないことによるコスト削減で可能にした超低価格プラン━━

  • ドコモのahamo(アハモ) ⇒ 2,700円(税抜)/月
  • auのpovo(ポヴォ) ⇒ 2,480円(税抜)/月
  • SoftBankのLINEMO(ラインモ) ⇒ 2,480円(税抜)/月

詳細な内容は省きますが、実はこれらのプランは全て5Gに対応しています!
そして格安SIM(MVNO)にも5G対応プランが登場しています。
イメージより安くないですか?『5G=高い』なんてもう1昔前の話ですよ!

5G対応機種

5G対応機種

iPhoneシリーズ

iPhone12以降のナンバリングモデルとiPhone SE3

5G対応 iPhoneシリーズはこちら

Androidスマホ

5Gサービス開始以降に発売されたハイエンドモデルは対応しています。
エントリー・ミドルクラスに関しては2021年中頃まで5G非対応(4Gまで)の機種が発売されていましたが、それ以降に発売された機種に関しては対応しています。

5G対応 Androidスマホはこちら

白ロム市場は5Gスマホと4Gスマホが混在しています。
かと言って機種名で発売時期まで分かる...って方なんて殆どいないと思いますので、購入の際は商品詳細に5Gと記載されているかを確認しましょう!

5Gスマホの選び方

カメラ・ゲーム

5Gだからと言って今までの機種選びと大きく変わる事はありません。
何を重要視するかがポイントとなります。

カメラ・ゲームで最高の環境を!!

iPhoneであればナンバリングモデルのPro系、Androidスマホであればハイエンドモデル。

カメラもゲームも拘りたいけど10万以上は出せない...

iPhoneであればProが付かないモデル、Androidスマホであればミドルハイモデル。

カメラもゲーム性能もそこそこ欲しい。

iPhoneであればSE3、Androidスマホであればミドルクラス。

カメラもゲーム性能もほとんど拘りがない

Androidスマホのエントリークラス。

スマホの性能を大きく分けるのはCPUとカメラ性能(他にも色々ありますが)なので、そこに拘りが無いのに5Gわざわざ高いお金を出してハイエンドモデルを買う必要はないということですね!

5Gスマホラインナップ

2022/7更新

iPhone

iPhone13シリーズ

  • iPhone13/mini

    49,800円〜
  • iPhone13Pro/Max

    80,800円〜

iPhone12シリーズ

  • iPhone12/mini

    34,800円〜
  • iPhone12Pro/Max

    62,800円〜

iPhone SEシリーズ

  • iPhone SE3

    34,800円〜

Android

  • ハイエンドモデル

    10万円〜
    主な機種
    Google Pixel6 Pro・SONY Xperia 1 IV・SONY Xperia Pro-I・SAMSUNG Galaxy Z Fold3・ SAMSUNG Galaxy S22 Ultra・SHARP AQUOS R7等
  • ミドルハイクラス

    5万円〜10万円
    主な機種
    Google Pixel6等
    ※ミドルハイモデルは国内では余り流通していません。この価格帯の多くは旧ハイエンドモデルや現行ハイエンドモデルの中古品となります。
  • ミドルクラス

    3万円〜5万円
    主な機種
    Google Pixel5a・SHARP AQUOS sense6・OPPO Reno7 A・MOTOROLA moto g52j 5G・Xiaomi Redmi Note11 Pro等
  • エントリークラス

    〜3万円
    主な機種
    SONY Xperia AceIII・ SAMSUNG Galaxy A22・SHARP AQUOS wish・FCNT arrows We・OPPO A54・Xiaomi Redmi Note10 JE・ZTE Libero 5G II等

※価格帯で分類している都合上、型落ちのモデルや中古品ががワンランク下のカテゴリーに入っている場合がございます。

特集一覧

入学祝い今年のおすすめ
QOLアップ間違いなし!
最近人気のGoogle Pixelって?
片手で楽々操作のスマホ特集
コスパ良!3万円台のスマホ
ちょっと気になる!
Pixel7 Pro徹底レビュー
iPhoneSEシリーズ比較!
Chromeしか使えないパソコン?
次世代高速通信5G!
アップルウォッチで迷ったら…
人気上昇中?!
ロムとは?白ロム?
SIMフリー基礎知識
どこがちがうの?格安SIM
eスポーツでも大活躍!
ニンテンドーではありません
中古iPhoneで迷ったら…
ネットワーク利用制限とは?
au系SIMカード×iPhone
Xperiaを徹底比較!
iPad使いこなす
中古美品の代名詞?!
スマホ買取ならこちら
パソコン売ってます