アイキャッチ

5Gスマホの「今」がわかる!

5Gスマホ

5G(ファイブジー)って何?

5G(ファイブジー)

1G、2G、3G、4Gに続く第5世代移動通信システムのこと。
「高速大容量」「高信頼・低遅延通信」「多数同時接続」の特長を持ち、医療・産業・交通・エンタメetc…全ての分野に影響を及ぼし、世界が変わるとさえ言われています。

5Gが繋がるエリアはまだ狭いんでしょ?

5Gエリア

正直現状ではまだ都市部の、しかも一部エリアしかカバーされていません。
ですが、5Gの人口カバー率に関してドコモは2023年3月末までに70%に、KDDIとSoftBankは2022年3月に90%以上に拡大する見込みと発表しているので、エリアは日々拡大して行っております。

5G対応エリアマップ

5G対応マップ

どの5Gのエリアがあるのか気になる方は下記ページから確認できます。

貴方のお住いの地域の近くにも5Gエリアがあるかも?

5Gの電波は2種類+α

5Gの電波

3Gと4Gには800MHz前後の低周波数帯を利用した“繋がりやすさ”が売りの『プラチナバンド』という電波帯があります。皆様も1度は耳にしたことがあるかもしれません。
5Gにもそんな感じで電波帯が2種類ございます。これから耳にすることが増えてくると思いますので、この機会に軽~くでも覚えておきましょう。

SuB6(サブロク)

Frequenccy Rage1(FR1)の呼称で6GHz未満の周波数帯を利用して通信を行う。
低周波数帯なので障害物に強くカバーエリアも広い。
5G通信のメイン周波数帯ですが、速度に関して後述するミリ波に劣る。

  • 3.7GHz帯 (n77) : KDDI/SoftBank/Rakuten
  • 3.7GHz帯 (n78) : ドコモ
  • 4.0GHz帯 (n78) : KDDI
  • 4.5GHz帯 (n79) : ドコモ

ミリ波(mmWave)

Frequenccy Rage2(FR2)の呼称で30~300GHzの5G周波数帯。
高周波数帯なので障害物に弱く広範囲をカバー出来ない為、人が多く集まるような場所を、スポット的にカバーしていく形で整備されていきます。

  • 28GHz帯 (n257) :
    ドコモ/KDDI/SoftBank/Rakuten

転用5G

5Gのエリア拡大を目的に総務省が省令改正、4G周波数の一部を5G転用できるようになる。別名なんちゃって5G。
SoftBank・KDDIは既に運用しているが、ドコモは「優良誤認じゃないか?」と懐疑的で整備を後回しにしている。楽天は、転用できる4G周波数帯が・・・。

  • 700MHz帯(n28) : KDDI/SoftBank
  • 1.7GHz帯(n3) : SoftBank
  • 3.4GHz帯(n77) : SoftBank

※4Gの場合700MHzはLTE Band28、1.7GHzはLTE Band3、3.4GHzはLTE Band42と表記されますが、転用5Gの場合は700MHzはNR n28、1.7GHzはNR n3、3.4GHzはNR n77と表記されます。

5G対応機種

5G対応機種

国内での5G通信開始から約1年が経ちラインナップも豊富になりましたよ!!

ドコモ

  • iPhone 8機種(iPhone12シリーズ/iPhopne13シリーズ)
  • Android 19機種
  • モバイルルーター 2機種

au

  • iPhone 8機種(iPhone12シリーズ/iPhopne13シリーズ)
  • Android 27機種
  • モバイルルーター 4機種

SoftBank

  • iPhone 8機種(iPhone12シリーズ/iPhopne13シリーズ)
  • Android 18機種
  • モバイルルーター 2機種

Rakuten

  • iPhone 8機種(iPhone12シリーズ/iPhopne13シリーズ)
  • Android 17機種
  • モバイルルーター 0機種

5G対応スマホはサービス開始当初はほぼハイエンド系だけの構成でしたが、時間が経って今ではエントリー~ミドルのラインナップも増えました。 逆にサービス開始当初は5Gスマホと並行して新機種も発表されていた4Gスマホですすが、現在では新機種の発表がほとんどされておりません。
4Gスマホの新機種がキャリアから発売されるのは2020年で終わりかな?
※2021年11月1日現在の情報となります。

5Gスマホはやっぱりお高い...?

5Gスマホ料金

ショップのスタッフに聞いてみると『5Gに興味はあるけど端末の価格も料金プランも高いからなぁ...』なんて声をよく聞くそうです。
通信エリアがどうこうと言うよりもコストの高さがイメージとして先行しているみたいです。
しかし5G開始から早1年━━
実は携帯料金・端末価格共に、かなりリーズナブルになってきています。

5Gスマホの価格

5Gスマホ価格

iPhone12シリーズを筆頭にAndroid搭載のXperia 1IIやGalaxy Note20 Ultraといったハイエンドモデルはもちろん10万オーバーの高額機です。
しかし、現在ではAQUOS sense5G・Xiaomi Mi Note 10・Galaxy A51 5Gといった4万~6万円台のミドルハイクラス、そしてXiaomi Redmi Note 9Tという驚愕の2万円台前半のミドルクラスのモデルが登場しています。

5Gの料金プラン

5G料金プラン

総務省の値下げ要請で生まれたシンプル且つ低価格が売りの“オンライン専用プラン”をご存知ですか? 契約~サポートまで全てをオンラインのみで行い、店頭での対応を一切行わないことによるコスト削減で可能にした超低価格プラン━━

  • ドコモのahamo(アハモ) ⇒ 2,700円(税抜)/月
  • auのpovo(ポヴォ) ⇒ 2,480円(税抜)/月
  • SoftBankのLINEMO(ラインモ) ⇒ 2,480円(税抜)/月

詳細な内容は省きますが、実はこれらのプランは全て5Gに対応しています!
そして格安SIM(MVNO)にも5G対応プランが登場しています。
いかがでしょう...5Gのスマホは本体・料金プランともにかなり身近になってきているといっても過言ではないのではありませんか?

5Gスマホの選び方

5Gだからと言って今までの機種選びと大きく変わる事はありません。
何を重要視するかがポイントとなります。

コスパ

コスパには2種類あります。『とにかく安くて良いモノ』と『性能のわりに安いモノ』です。
多くの方はコスパと聞くと前者の方をイメージされると思いますが、例えば10万円の機種でも同性能の機種の平均相場が15万円ならば、それは高コスパという事です。

ブランド

これに関しては『好きなブランドなんだから信じましょう!!』ですね。

処理能力

重いゲームをプレイするならハイエンドモデル、そこまで求めないのであればミドルハイクラスやミドルクラスを。但しハイエンドモデルに関しては同世代であれば基本的に同じ又は同等のSoCを搭載しているので、処理能力に関してさほど大きな違いはありません。

通信速度

Sub-6だけなのかミリ波も対応しているのか?あとはWi-Fi6に対応しているのか、していないのか──という部分に注意しましょう。

ディスプレイ

サイズと解像度、あとはゲームがスマホの中心に鎮座している方はリフレッシュレートやタッチサンプリングレートなんかも要注意です。

カメラ性能

これが1番難しい...。何故ならカタログスペックの数字=性能とは限らないからです。
画素数が1番高い機種が1番カメラ性能が良いとは限らないという事です。なのでこればかりは口コミやレビュー、後は実機を触ってみて判断するしかないですね。

バッテリー

スマホの性能が高くなればそれに比例して大きくなるのがバッテリーの消費量。少しでも長く使いたいのであれば、少しでもバッテリー容量が大きいモノを選ぶしかないですね。しかし、それをすると選択肢が...となるのである程度は妥協しましょう。

5Gスマホおすすめ機種

【コスパ】【ブランド】【ディスプレイ】【通信】の4項目に分類したオススメをご紹介して、〆させて頂きたいと思います!!

2021/11更新

コスパ実勢価格1~3万円の5Gスマホ

5Gサービス開始から時間も経ち、リーズナブルなミドルクラスのスマホも増えて来ました!!
高いと思われがちですが、現在ではなんと1万円台前半から購入する事ができますよ!!

  • au AQUOS sense5G SHG03

    (未使用品29,800円前後)
  • au Galaxy A51 5G SCG07

    (未使用品27,800円前後)
  • au ZTE a1 ZTG01 Black

    (未使用品25,800円前後)
  • OPPO A54 5G OPG02(au/UQmobile)

    (未使用品15,800円前後)
  • Redmi Note10 JE XIG02(au/UQmobile)

    (未使用品15,800円前後)
  • SoftBank Redmi Note 9T 64GB A001XM

    (未使用品15,800円前後)
  • Y!mobile Libero 5G A003ZT

    (未使用品12,800円前後)

※価格は2021年3月下旬のものとなります。状況によって相場は変動いたしますので価格を保証するものではありません。

ブランド圧倒的ブランド力!!

フラグシップモデルはスマホの華!!その中でも超絶人気を誇る3大ブランドのシリーズをご紹介!!この3大ブランドに関してはもちろん性能も文句なしですが、ブランド名だけでも十分売れてしまうんですよね~

iPhone13シリーズ

  • iPhone13/mini

  • iPhone13Pro/Max

iPhone12シリーズ

  • iPhone12/mini

  • iPhone12Pro/Max

Xperia mark3シリーズ

  • Xperia 1III

  • Xperia 5III

Galaxy S/Zシリーズ

  • Galaxy S21/Plus/Ultara

  • Galay Z Fold3

  • Galaxy Z Flip3

ホントこのブランド達にに関してはとにかく『好きだから買う』という方がとても多いです。
まぁ、かくいう私も実はそうなんですけどね...(笑)

ディスプレイ超高解像度でヌルヌル動く!!

ディスプレイの性能は解像度だけじゃない!!高解像度3K以上でリフレッシュレート120Hz対応の超ヌルヌルディスプレイ搭載スマホ達!!

  • Xperia 1III

    4K(3840x1644)※
  • Galaxy S21 Ultra

    3K(3200x1440)
  • AQUOS R5G

    3K(3168×1440)
  • OPPO Find X3 Pro

    3K(3216x1440)
  • OPPO Find X2 Pro

    3K(3268x1440)

※Snapdragon888の仕様は『4K@60Hz/3K@144Hz』となり正式には4K@120Hzには対応していませんが、色深度を10bitから8Bitに下げ2bit分をソフトウェアで補正する事により可能としています。

通信超高速通信ミリ波対応!!

ミリ波は日本の極(×10000)限られたエリアでしか掴むことは出来ませんが、そもそも対応していなければ掴むこと自体が無理なので、備えあれば憂いなしです(笑)
電車乗り継いで対応エリアまで行き、そしてその速さを体感するといのもなかなか楽しいかもしれませんしね♪

  • Xperia1 III

    (ドコモ/au/SoftBank)
  • Galaxy Z Fold3

    (ドコモ/au)
  • Galaxy S21 Ultra 5G

    (ドコモ)
  • Google Pixel 6 Pro

    (国内版SIMフリー/SoftBank)
  • Galaxy S20+

    (ドコモ/au)
  • au Galaxy S20 Ultra SCG03

  • Galaxy Note20 Ultra

    (ドコモ/au)
  • docomo arrows 5G F-51A

  • Rakuten BIG s 3917JR

  • Rakuten BIG ZR01

ミリ波対応機種、まだまだ少ないですがそれでも1年前と比べるとかな~り増えたんですよ!!
しかし日本版のiPhone13シリーズは12シリーズに続きミリ波非対応なんですよね...14で実装されるかな?

特集一覧

Chromeしか使えないパソコン?
次世代高速通信5G!
2021年の入学祝いはこれ!
アップルウォッチで迷ったら…
Win7のPC使ってませんか?
人気上昇中?!
ロムとは?白ロム?
SIMフリー基礎知識
どこがちがうの?格安SIM
eスポーツでも大活躍!
ニンテンドーではありません
中古iPhoneで迷ったら…
ネットワーク利用制限とは?
au系SIMカード×iPhone
ベゼルレススマホって何?
Xperiaを徹底比較!
入学、進学の季節に!
iPad使いこなす
中古美品の代名詞?!
ザ・ランキング
スマホ買取ならこちら
パソコン売ってます