Galaxy Tab S5e アイキャッチ

2020年、法人向けに発売された
Galaxy Tab S5eがイオシスに大量入荷!

Galaxy Tab S5e
10.5 Wi-Fi SM-T720
中古Cランク 税込26,800円
けっこう安い。

Galaxy Tab S5e イメージ
Galaxy Tab S5e イメージ
Galaxy Tab S5e イメージ

確かに安いけどCランク...

と思われたそこの貴方!!
Cランクのこの商品がどんな状態で何故安いのか、
またこのGalaxy Tab S5eがどんな子なのか実機の写真をふんだんに使いながら、その魅力や使い方、お得度を伝えていきたいと思います!!

Galaxy Tab S5eとは?

現状タブレットと言えばiPadという感じで、イマイチ元気がないAndroid勢なんですが、そんな状況でも林檎に真っ向勝負するのがSamsung!!

実は今でも海外では「Galaxy Tab Sシリーズ」「Galaxy Tab Aシリーズ」「Galaxy Tab Eシリーズ」がリリースされています。

Galaxy Tab S5e イメージ

中でも最上位の Sシリーズは特に人気で、現行のGalaxy Tab S7なんかは発売当初10万円を超えるような超高額機種だというのに、弊社累計販売数が1000台に届こうかという人気っぷりなんです!!

中でもGalaxy Tab Sシリーズは末尾に「e」が付いているとミドルクラスになるので、このGalaxy Tab S5eはSシリーズの中のミドルクラスという位置付けになります。

基本スペック

スペック

OS Android 9
SoC Snapdragon670
ディスプレイ 10.5インチ(AMOLED)
解像度 2,560x1,600(WQXGA)
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
外部ストレージ microSDXC(512GB)
リアカメラ 約1,300万画素
フロントカメラ 約800万画素
サウンド AKG Quad Speaker、Dolby Atmos
Wi-Fi a/b/g/n/ac
Bluetooth 5
サイズ 245.0 x 160.0 x 5.5 mm
重さ 約400g
バッテリー 7,040mAh
接続端子 USB Type-C(USB3.1)
イヤホン端子 なし
生体認証 指紋認証・顔認証
発売日 2019年4月(海外)
※国内法人向けの流通は2020年

Snapdragon670搭載で正にミドルど真ん中という感じですが、Sシリーズなだけあって高解像度有機ELディスプレイやクアッドスピーカー等で下位シリーズとは一線を画す造りとなっております。
よっぽどの重たいゲームをプレイするとかではない限り、日常使いに困る事はないでしょう!!

魅力ポイント①
有機ELの大画面

Galaxy Tab S5e 有機ELの大画面 イメージ
Galaxy Tab S5e 有機ELの大画面 イメージ

狭額縁仕様の10.5インチ高解像度(2,560x1,600)有機ELディスプレイを搭載。
WideVineのセキュリティレベルはもちろんL1なので、NetflixやAmazon Prime等の有料動画サービスにおいてHD画質以上での再生が可能!!

魅力ポイント②
クアッドスピーカー

Galaxy Tab S5e クアッドスピーカー イメージ
Galaxy Tab S5e クアッドスピーカー イメージ
Galaxy Tab S5e クアッドスピーカー イメージ

AKGがチューニングしたクアッドスピーカー搭載。
Dolby Atmosにも対応しているので、臨場感のある大迫力のサウンドを楽しむことができます。
結構大きな音が出るのでイヤホン無しでも動画鑑賞を十分楽しめますよ!!

魅力ポイント③
とっても軽くて薄い

Galaxy Tab S5e 軽量薄型 イメージ

10.5インチながら約400gとかなり軽量。
同じ時期に発売された第3世代iPad Air(10.5)が456gなのでかなりの軽さを実現しています。
また厚みを比較してみてもGalaxy Tab S5eが5.5mmなのに対し、第3世代iPad Air(10.5)は6.1mm。厚みの0.6mm差って大きいですよね!!

魅力ポイント④
外部ストレージ対応

Galaxy Tab S5e 外部ストレージ イメージ

内部ストレージ64GB+外部ストレージ(microSD最大512GB)の構成なので容量不足の心配はいりません。
ダウンロードした映画や音楽を予めSDへ保存しておけば、Wi-Fiのない環境でも問題なし!!

つまり〇〇用タブレットにピッタリ

鮮やかな大画面...
クアッドスピーカー...
軽くて薄い...
外部ストレージ対応...

そして、中古品であるため弊社保証対象外の部分ではありますが、
7,040mAhの大容量バッテリーを搭載することにより最大15時間駆動(メーカー発表)と、バッテリー持ちはなかなかのもの。

こんなんもう動画鑑賞する為のタブレットやないですか!!

コロナ禍でお家でゴロゴロする機会が増え、暇な時は寝転がってスマホで動画鑑賞なんて方も多いのでは?
どうせ動画鑑賞するならスマホの小さい画面よりタブレットの大画面の方が良くありませんか?

Galaxy Tab S5e 動画鑑賞 イメージ

以上、おすすめポイントのご紹介でした!!

安さの理由

ここからは何故安いのか、何故Cランクなのかを説明させて頂きます。
えっ、その程度なの?
きっとそう思って頂けると思います!!(多分)

理由その①:画面にムラ

写真①

Galaxy Tab S5e 画面ムライメージ

コチラの写真は在庫の中からランダムに選んだ100台の中で1番ムラが目立っていた個体の写真です。
何処にムラあるか分かりますか?

写真②

Galaxy Tab S5e 画面ムライメージ

コチラの写真は焼けを分かりやすくするためにレベル補正を掛けたものです。
矢印の内側の長方形が画面焼けの部分です。
②をじっくり見た後であれば①のムラが、そこはかとなくじんわりと見えて来る気がしませんか?

要はその程度の軽度なムラだということです。
実際に現物を確認しても、ホワイトバックにして「画面ムラあり」と言われれば見えて来るという感じですので、普段使いの中でなら気になる事はまず無いと思われます!!

理由その②:細かな傷

Galaxy Tab S5e 細かな傷 イメージ
Galaxy Tab S5e 細かな傷 イメージ

ディスプレイに細かい傷がある個体がある──この辺はまぁ普通のCランクの症状ですね。
写真はランダムに選んだ100台の中でMAX目立つ傷をMAX目立つ撮り方をしたものです。
※上記2枚の写真は同一個体ではありません

ところで皆様はこういう経験がありませんか?
スマホを使っている時は全く気にならないけど、電源オフにしたら保護フィルムの傷が目立つ──
逆に言えば、ディスプレイの細かな傷なんて電源を入れてしまえば気にならないもんなのです。
以上が安さの理由、Cランクの詳細なんです。

正直、この程度の症状でGalaxy Tab S5eが税込26,800円というのは

けっこう安い

ではなくて

むっちゃ安い

と思いますので皆さま是非是非~♪

2022/2更新