IODESUのサンプルがあるから使ってみた

中国仕入れ担当の大久保です。
今回、イオシスはioPhone5色に次ぐオリジナルスマホIODESUをリリースしました。

と言っても、自分たちで仕入れたのでサンプルや資料は持っているんです。
せっかくサンプルがあるなら、使わねばと使ってみました。

まずは開封から

 

DSCN5553

 

シンプルなデザインの箱の中には、本体のほかに電池パック、USBケーブル、マイク付イヤホンが入っています。

 

DSCN5565

 

 

端末本体自体は、手に収まる小型のサイズでiPhone4Sと同サイズくらいです。
前回のioPhoneで問い合わせが多数あったので今回は最初から透明な保護フィルムが貼ってあります。
不要なら外して使いましょう。

 

DSCN5563

 

裏カバーはかなり固くしまっています。気合を入れて裏カバーを開けると、ノーマルサイズのSIMカードスロットが二つとmicroSDスロットが出てきます。

 

DSCN5567

 

電源を入れるとお決まりのイオシスロゴが。

 

DSCN5568

 

最初に電源を入れるとどちらのSIMを使用するかが選択できます。
電源を入れたままでSIMを切り替え可能ですので2枚同時に挿しておいてもそのまま使えます。
ただし、3G+3Gの同時待ち受けはできません。

 

DSCN5571

 

OSはAndroid4.2.2で日本語対応です。入力ソフトは最初から日本語になっていて、フォントも中華フォントではないですね。もちろん多言語対応です。

 

DSCN5580

 

ブラウザは、解像度320×480画面が厳しくてちょっと見づらいですね。

 

DSCN5574

 

一方動画のほうはと言えば。youtubeで480pまでなら何とかみられる感じです。

 

DSCN5575

 

マップはGPSの設定さえすればきちんと動いていますが、画面が小さいためちょっとランドマークが見つけづらいです。

 

DSCN5576

 

カメラもおまけで付いている程度のレベルです。

これだけだとするする動く高スペックのAndroidやiPhoneとは比べ物になりませんね。
ただ、こいつのいいところはテザリングができるというところです。
容量が2200mAhとこのサイズのスマホにしては大きめなバッテリーと、低電力なCPUのおかげでテザリングでも電池が6時間以上持つのは検証の段階で知っていました。
という事で、ネットや動画はタブレットやPCで見たらいいと思います。

 

DSCN5578

 

もう一つ、新たな発見が。IOXYやioPhoneにできなくてIODESUにできること。
それはパズドラです。もちろん動作の補償はありませんが、動きは鈍いもののパズドラが動いちゃっています。

 

DSCN5579
私にとって、スマホはあくまで電話とLINEとメールくらいでたまにブラウザを見る端末です。
もちろん、googleマップやカレンダー、facebookなども問題なく使えます。

海外旅行や海外出張なら現地のSIMを入れたまま、日本のケータイ番号で待ち受けができます。そして何よりも安いので紛失や盗難されてもあまりいたくないのがいいところです。

もちろん、Androidを改造しまくるなんて方にもおすすめですね。

SIMカードに関しては無保証ですが、SMSサービス付のデータプランなら行けそうですね。

IODESUのご購入はこちらから