CCCモバイル株式会社との資本・業務提携について

株式会社イオシス

2014年12月1日

株式会社イオシス(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:中本直樹)と
CCCモバイル株式会社(東京本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:服部義一)は、資本・業務提携契約を締結いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

当社は、東京・秋葉原に5店舗、大阪・日本橋に2店舗を出店しており、主にアウトレット&リユースのパソコンや、ケータイ、スマホ等のモバイル機器、家電などを取り扱って参りました。

この提携により、TSUTAYA、エンタテインメント・コンテンツ、Tポイント、T-SITEなど、CCCグループが展開するカルチュア・インフラを活用し、イオシスが今まで培ってきたデジタルリユースノウハウと、プライベートブランド商品開発の経験を活かし、新しいデジタルライフスタイル提案を行って参ります。

CCCグループの一員となることで、TSUTAYA店舗との協業や新規出店等を行い、パソコン、モバイル機器の買取・リユース販売業務より一層強化して参ります。

尚、代表取締役は中本直樹が継続し、CCCモバイル株式会社の取締役にも就任いたします。

リユースで循環型社会を目指す、イオシスの今後の展開にご期待下さい。

■中本 直樹

1975年大阪市生まれ。1996年コンピュータ専門学校卒業後、21歳で自己資本7万円をもって個人商店「イオシス」を創業。

廃棄パソコンを修理、再生し、自宅でパソコン通信での通販を開始。1998年、法人成りし有限会社化、代表取締役就任。大阪・日本橋へ出店。

2001年には株式会社化。2005年に東京進出し、秋葉原に1号店オープン。2008年リユース携帯電話の販売&買取開始。2009年 中古携帯電話専門店を池袋にオープン。続けて、アキバ中央通店オープン。その後も出店を続け、現在に至る。